肌がきれいになりたい女性
  • ホーム
  • ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズム

きれいな肌を持っている女性

ニキビは毛穴の中に皮脂や古い角質が詰まって、そこにアクネ菌が繁殖する事で起こります。

肌の新陳代謝が乱れると皮膚の表面の角質が厚くなって中に皮脂が詰まりやすくなります。
また食生活やホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されても、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるのです。
すると皮脂をエサにして繁殖するアクネ菌が増殖してニキビができたり、悪化するようになります。

アクネ菌は誰の皮膚にもいる常在菌といわれるもので、空気を嫌うため毛穴の奥に生息しています。
通常の場合は他の雑菌から皮膚を守る働きをしており皮膚の健康を保つのに欠かせない菌ですが、増えすぎるとニキビの原因となる脂肪分解酵素を作り出します。
また活性酸素を大量に分泌するようになるので皮膚の脂肪がダメージを受け炎症をおこすなどニキビを悪化させます。

このニキビの原因菌のアクネ菌に効果があるのがベンザックACジェル2.5%です。

ベンザックACジェル2.5%の有効成分は過酸化ベンゾイルで、皮脂の分泌を抑える働きをする他アクネ菌に対して強い殺菌効果を持っています。
皮脂が毛穴に詰まるのを抑え、アクネ菌を殺菌するのでニキビの予防や治療に効果的です。

過酸化ベンゾイルは日本では使用されていませんが、アメリカでは医療用のニキビ治療薬として使用されており、アメリカの厚生労働省にあたるFADから安全性や有効性について認められています。

ベンザックACジェル2.5%は特に軽度のニキビや赤ニキビに効果的です。
使用する時には刺激の少ない洗顔料で顔を洗い、10分ほどおいてからニキビができている部分に塗ります。
その後1~2時間おいてから洗い流します。
医療用として使われるほど効果が高いので、使用方法をきちんと守って使うことが大切です。

関連記事